• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携

AJS、AIベンチャー企業のクロスコンパスと資本業務提携

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

TISインテックグループAJS株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:河﨑一範)は、株式会社クロスコンパス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:鈴木克信)に出資し、人工知能(AI)技術分野で資本業務提携することを発表した。

AJSは、日本を代表する総合化学メーカーをはじめとする製造業に関して、豊富なIT導入の経験を有しており、顧客のデジタル経営の進化と深化に対して貢献するため、製造業に必要なビッグデータ解析やAIの活用を検討してきた。

今回、ディープラーニングの手法を中心に、データ解析、AI技術コンサルティング、アルゴリズム・ニューラルネットワークの開発・提供という分野で、製造業の顧客に高い評価を得ているクロスコンパスと、AI技術の提供に向けた企画・構築・導入に関する業務提携に至った。

クロスコンパスが提供する「Manufacturing-IX(M-IX)」は、AI開発の専門的な知識を必要とせずに製造業向けのAIを生成・実装可能な統合開発環境で、加工プロセス異常検知や機械振動解析をはじめ、異音検知や画像認識等多くの機能を備えている。

AJSとクロスコンパスは、これまで多岐多様な製造現場にICTサービスを提供してきたAJSのノウハウと、ディープラーニング・ニューラルネットワークを用いて、「Manufacturing-IX(M-IX)」により異常検知・予知保全を高性能に実現するクロスコンパスのノウハウを組み合わせていくことで、製造業のIoT・スマートファクトリー化のさらなる推進を目指していく。