• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携

総合キャスティング事業のエイスリー、株式上場を視野にWMパートナーズと資本提携

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

芸能人、インフルエンサー、Youtuberなど著名人を幅広く扱う総合キャスティング会社の株式会社エイスリー(所在地:東京都渋谷区、代表:山本直樹)は、独立系投資会社であるWMパートナーズ株式会社(所在地:東京都千代田区、代表:松本守祥、徳永康雄)と資本提携したことを発表した。

エイスリーは『その“才能”で世界を変える。』をコーポレートミッションとして掲げる総合キャスティング会社で、エンタメ業界におけるあらゆる才能を対象に、これまでに7,000件を超えるキャスティングを行ってきた。

WMパートナーズは、2013年に設立された独立系投資会社であり、プライベート・エクイティ業界において10年以上の投資経験と様々な事業バックグラウンドを持つ投資プロフェッショナルチームを構成している。

エイスリーでは、より一層の成長を果たし、提供価値の強化を図るべく、戦略的なパートナーシップが必要と判断し、WMパートナーズとの資本提携に至った。

今回の提携により、WMパートナーズより社外取締役の派遣をうけ、将来的な株式上場を視野に入れながら、社内体制の強化及びデータベースの整備等の経営基盤の拡充、ならびに他社とのアライアンス(資本提携又は業務提携)の強化などを行っていく。