1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. インバウンド・民泊
  4. イー・カムトゥルー、訪日客CS調査サービスで業務提携

イー・カムトゥルー、訪日客CS調査サービスで業務提携

  • feedy

東京PRO market上場の店舗管理システム㈱イー・カムトゥルー(本社:札幌市  代表取締役社長 上田 正巳http://www.e-cometrue.com/)は、 インターネットマーケティ ング・リサーチの㈱リサーチ・アンド・イノベーション (本社:東京都中央区、代表取締役社長:中岡邦伸http://r-n-i.jp/)との間で、「訪日客 CS 調査サービス」に関する業務提携を行うこと発表した。

「訪日客 CS 調査サービス」とは、毎年増加を続ける訪日客を対象として、訪日時に訪れ た商業施設などの品揃え、接客サービスなどについて個別施設ごとに対して日本語、外国 語が堪能な「在京外国人大学生」の専門調査員による対面調査を実施するサービス。

例えばホテルの場合、ロビー、フロント付近に専門調査員を配置し、任意で訪日客に5 分~10分程度の対面調査を実施する。 アンケートは専門調査員が iPad の機能を活かし、訪日客の許諾がとれた場合調査員がカメラマン役となり、iPad に向かって撮影、スタッフは同時通訳を行い、そ の様子を録画する。

この動画データと通常の集計データと合わせて分析することにより、単純な分析のみな らず、数量把握精度の高い調査を実施することが可能となる。また、訪日時にどの WEB サイトのどのコーナーや記事、旅の本、クチコミを参考に情報収集をして、その施設や商 品を利用しようとしたのかを詳細に把握できるので、今後の訪日インバウンド対策策定に 活用ができるサービスとなっている。 現在、サービス提供先として、ホテル、商業施設、レストラン、観光地、家電量販店、ア パレル販売店舗などの業種が想定されている。