• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

7

超小型衛星ビジネス展開のアクセルスペース、三井不動産とグローバル・ブレインなどから約25.8億円の資金調達を実施

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社アクセルスペース(本社:東京都中央区、代表取締役:中村友哉)は、31VENTURES-グローバル・ブレイン-グロースⅠ合同会社をリード・インベスターとし、その他ベンチャーキャピタル、事業会社を引受先にシリーズB投資ラウンドにおいて約25.8億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

引受先は下記となる。

31VENTURES-グローバル・ブレイン-グロースⅠ合同会社 (三井不動産株式会社 / グローバル・ブレイン株式会社)
株式会社INCJ
協創プラットフォーム開発1号投資事業有限責任組合 (東京大学協創プラットフォーム開発株式会社)
SBIベンチャー企業成長支援投資事業有限責任組合 (SBIインベストメント株式会社)
SBIベンチャー企業成長支援2号投資事業有限責任組合 (同上)
SBIベンチャー企業成長支援3号投資事業有限責任組合 (同上)
SBIベンチャー企業成長支援4号投資事業有限責任組合 (同上)
第一生命保険株式会社

アクセルスペースは、本投資ラウンドで調達した資金により、2020年に2機のGRUSを追加で打ち上げる予定としており、衛星数が増加し、撮影頻度が向上することを見据え、本投資ラウンドにおけるリード・インベスターでもある三井不動産株式会社とも本格的な協業に向けて検討を開始している。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy