• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

4

関西電力グループ、超小型電力センサー開発ベンチャーのSIRC(サーク)と資本業務提携

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

合同会社K4 Ventures(所在地:大阪市北区、代表者:森本 考)は、関西電力グループのさらなる成長を目的として、超小型電力センサーの開発を手掛けるベンチャー企業「株式会社SIRC」(所在地:大阪市中央区、代表者:平澤 大)が行う第三者割当増資に応じるとともに、関西電力株式会社(所在地:大阪市北区、代表者:岩根 茂樹)およびK4VならびにSIRCの三社は、SIRCと関西電力グループの経営資源を活用した新サービスの開発やそれに向けた実証に関する業務提携について合意したことを発表した。

関西電力グループは、革新的な技術やビジネスモデルを有するベンチャー企業との連携を強化するため、子会社であるK4Vを投資主体とするベンチャー投資の仕組みを整備しており、今回の出資は、5件目のベンチャー投資で、直接投資としては3件目となる。

SIRCは、電流や電力、角度および周波数を計測できる超小型センサーの開発を強みとしており、今後は、関西電力設備の計測器等にSIRCのセンサーを導入し、データ収集の自動化による事業運営の効率化に向けた検討を行い、さらに、センサーを活用したIoTソリューションサービス等の共同開発にも取り組む予定である。

関西電力グループは、「関西電力グループ 中期経営計画」の実現に向け、これまでにない様々なイノベーションに関する取組みを展開し、新規事業、新商品・サービスの開発および既存事業の改革に挑戦していく。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy