• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

水産流通プラットフォーム運営のフーディソン、JR東日本スタートアップなどから総額5億円の資金調達を実施

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

水産流通プラットフォームを運営している株式会社フーディソン(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:山本徹)は、SBIインベストメント株式会社が運営するファンド、JR東日本スタートアップ株式会社、ちばぎんキャピタル株式会社が運営するファンドを引受先とする、総額5億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

フーディソンでは、「世界の食をもっと楽しく」というミッションのもと、「テクノロジーを活用した生鮮流通プラットフォームを構築する」というビジョン実現に向けて、生鮮品卸売ECサービス「魚ポチ」、鮮魚小売オムニチャネル「sakana bacca」、食品業界向け人材サービス「フード人材バンク」を展開している。

今回の調達、及び経営体制強化により、ビジョン実現に向けた組織強化、システム強化、ならびに物流機能の強化等に取り組み、また、新たな株主を迎えることで、鉄道ネットワークを活用した生鮮オムニチャネル業態の開発や、産地漁港からの調達力強化などを行い、既存事業の拡大に向けた取組を一層加速していく。