• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

スマサポがand factory株式会社と業務提携 賃貸不動産×IoT領域で新サービス構築へ

  • feedy

株式会社スマサポ(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小田慎三 以下 スマサポ)は、and factory株式会社(本社:東京都目黒区、 代表取締役社長:小原崇幹、証券コード:7035、以下and factory)と賃貸不動産入居者向けサービスの開発運営事業において、業務提携契約を締結した。今後は賃貸不動産入居者向けアプリの開発運営事業を共同で行い、本アプリをプラットフォームとした入居者へのサービス提供と、賃貸不動産を始めとした不動産領域におけるIoTサービスソリューションの事業企画、開発および運営等の協業の検討を実施する構想である。

スマサポは、2015年に「不動産とIT技術を融合させて”SMART”な暮らしを”SUPPORT”する」をコンセプトに管理物件数約3万戸を保有する株式会社宅都ホールディングスの関連会社として設立された。管理会社や仲介業者向けにアウトバウンドコールセンターの提供や、内覧案内のためのIoT鍵管理システムを提供する「スマサポ内覧サービス」、入居者サポートアプリ「スマサポアプリ」等、IT技術を駆使した様々な開発及びサービスの提供を行っている。更に、家賃保証や電力サービス等、多岐にわたる事業分野で新たなサービスを創出している。今後は不動産管理会社や仲介会社との関係で得られた知見を活かし、住宅領域におけるアプリやプラットフォーム構築に注力をしていくと言う。

一方、and factoryはSmartphone Idea Companyとして様々な領域にtechnologyを掛け合わせることで、新たな価値を創出。現在、宿泊×IoT領域でサービス展開しており、近未来の空間が楽しめるスマートホステル「&AND HOSTEL」や宿泊施設向けの宿泊管理システム「innto」、客室タブレットサービス「tabii」など人手不足・IT化の遅れによる業務負担など宿泊業界における課題解決に取り組んでいる。

この度、両社協業のもと賃貸不動産における不動産管理会社と入居者とのコミュニケーションを円滑にし、入居者に対して便利で快適な暮らしの提供が可能となる賃貸不動産入居者向けサービスを共同して開発・運営を両社で行うこととなった。今後は、本サービスを早期に導入推進していくとともに、新規事業の展開による収益拡大を図ると言う。