• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

Plug and Play Japan、明治安田生命とInsurtech 分野における「アンカー・パートナーシップ」を締結

  • feedy

Plug and Play Japan株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:ヴィンセント・フィリップ、以下「Plug and Play Japan」)は、明治安田生命保険相互会社(本社:東京都千代田区、取締役 代表執行役社長:根岸 秋男、以下「明治安田生命」)とInsurtech分野での「アンカー・パートナーシップ」契約を締結したと発表した。

Plug and Play は革新的な技術やアイディアを持つスタートアップを、大手企業とともに支援していく世界トップレベルのグローバル・ベンチャーキャピタル/アクセラレーターである。

※アクセラレーションプログラムとは
大手企業がスタートアップと協業などを目的とし、オープンイノベーションの一環として期間限定で行われるプログラム

明治安田生命は、2017年4月に3ヵ年プログラムとして「MYイノベーション2020」を策定し、その中の重点方針の一つとして、先端技術等を活用したイノベーションを掲げている。主要テーマとして、「人工知能・ICT」、「ヘルスケア」、「ビッグデータ活用」、「オープンイノベーション」等を設定し、先端技術等の積極的な活用に取り組んでいる。特に「ヘルスケア」分野については、2019年4月から「お客さま」「地域社会」「働く仲間(自社従業員)」の健康増進の取組みを継続的に支援する「みんなの健活プロジェクト」を本格展開しており、多様な企業との連携を進めている。

Plug and Play では、Insurtech分野はシリコンバレーの本社を始めとして最多のパートナーが加盟するプログラムとなっており、いち早くInsurtech の可能性に着目し、2014年より投資も活発に行なっている。

本パートナーシップ締結を通して、Plug and Play の持つグローバルイノベーションプラットフォームを活用し、明治安田生命と国内外の様々な素晴らしいスタートアップとの共創を支援していくと言う。