• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

コワーキングスペース向け顧客管理アプリ「TAISY」が東北最大級のコワーキングスペースenspaceにて実証実験スタート

  • feedy

コワーキングスペース向け顧客管理アプリ「TAISY」を運営するコミュニティテック企業、株式会社funky jump(本社:仙台市青葉区、代表取締役:青木雄太)は、株式会社エンライズコーポレーション(本社:東京都渋谷区 代表取締役:吾郷克洋)の運営するコワーキングスペース、enspace(所在地:仙台市青葉区)にてTAISYのβ版の実証実験を行うと言う。

【コワーキングスペース向け顧客管理アプリ「TAISY」について】

「TAISY」は、コワーキングスペースのコミュニティマネジャーに向けて開発している。コミュニティマネジャーとはスペースを利用する人達を繋いでスペースのポテンシャルを引き出したり、外から新規顧客やサポーターを集ることを通してスペースを中心としたエコシステムを形成するのが仕事である。しかし、その職業柄1日にたくさんの人に会うため「誰と何を話したか覚えていられない」「すぐに人の顔、名前が出てこない」といった課題があった。これまでのやり取りから、『PCを使わずに、かつ隙間時間で入力が完了するようなサービスを作ろう』という方針のもと、コミュニティマネジャーが集めてきた情報を記録・共有するアプリとしてTAISYを開発した。今後さらなる機能実装を加え、より完成度の高いサービスにしていく予定。TAISYによってコミュニティ内の人が持っている得意、課題が見える化され、コミュニティマネジャーによるマッチングを通して運営者、利用者のビジネスを飛躍的に加速させると言う。

【実証実験の内容】

1. 期間
2019年12月1日〜2020年3月1日
2. 場所
東北最大級のシェアオフィス・コワーキングスペース enspace
3. 目的
「コワーキングスペース内における、利用者とコミュニティマネージャー(*1)間のコミュニケーションの記録・管理がうまくいっていない」という課題に対してTAISYが記録・管理ツールとして日々の業務に導入可能なものかどうかを、実際の業務内にて検証。
4. 実験後の展望や展開について
実験期間内に機能拡大・調整を行い、正式リリースに向けたサービス開発・改善をしていく。