1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. AI・人工知能
  4. Hmcomm、NTTPCコミュニケーションズ「Innovation Lab」を活用した「異音検知POC Lab」を設立

Hmcomm、NTTPCコミュニケーションズ「InnovationLab」を活用した「異音検知POCLab」を設立

  • feedy

ディープラーニングを活用し音声から価値を提供する、国立研究開発法人産業技術総合研究所(本部:茨城県つくば市、理事長:中鉢 良治、以下 産総研)発ベンチャーHmcomm株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:三本 幸司 http://www.hmcom.co.jp 、以下 Hmcomm)は、音を可視化する異音検知プラットフォーム(Flexible Anomaly Sound Training and Detection、以下 FAST-D)の本格展開を目指し、株式会社NTTPCコミュニケーションズ(https://www.nttpc.co.jp/、以下NTTPC)のInnovation LABに「FAST-D POC Lab」の設立を発表した。

HmcommはNTTPCのネットワーク基盤の提供を得て「FAST-D POC Lab」の展開を開始。

集音した大容量データをセキュアな環境でアップロードを実現し、機械学習を実行するためには、高性能GPUを搭載したサーバーに加えて、データ転送時のセキュリティと通信路の確保が欠かせない。そのためには専用のネットワーク設営が必要となるが、本格システム導入前のPOCフェーズにおいてすべての環境を提供することは難しくPOC実施の障壁となる課題が存在していた。HmcommではNTTPCのSD-WANを用いたVPNソリューションを活用する事で、この課題を解決しPOCの受付を幅広く行える機能設備の構築を実施。

Hmcommは今後も音のAI IoTソリューションの創出に力を入れ、社会に貢献していくと言う。