1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. AI・人工知能
  4. AI調理ロボットのTechMagic(株)、シードラウンドで、日本を代表するベンチャーキャピタルJAFCOから資金調達を実施

AI調理ロボットのTechMagic(株)、シードラウンドで、日本を代表するベンチャーキャピタルJAFCOから資金調達を実施

  • feedy

TechMagic株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:白木裕士、以下 「TechMagic」)は、独立系ベンチャーキャピタル、株式会社ジャフコ(所在:東京都港区、取締役社長:豊貴伸一、以下 「JAFCO」)から、シードラウンドで出資を受けた。今回の調達を通じ、コア技術開発と開発環境を充実させ、最先端技術を利活用した調理ロボットと業務自動化ソリューションによる外食産業の革新と社会課題の解決を目指すと言う。

■会社概要

TechMagicは、前Google日本法人名誉会長の村上憲郎をアドバイザーに、「ロボットによる持続可能な食インフラを創る」ことをミッションとして、2018年2月に設立。外食産業が直面している未曽有の人手不足を解決するため、ロボットの企画、設計、製造、販売を行っている。調理ロボット事業、業務自動化AIロボット事業により、外食産業にとって最大のコスト費目である人件費に対し、ソリューションを提供。

ソリューションの特徴

1. 業務軽減でなく、スタッフ一人単位で省人化可能
2. 既存の店舗 / 工場オペレーションと親和性の高い、コンパクト且つ高効率なロボット
3. ロボットの企画、設計、製造、販売を行い、幅広い調理方法・プロセスに対応

事業内容

1. 調理ロボット事業
店舗キッチンにおける一連の調理工程を自動化し、人件費を抑制。既に大手飲食チェーン複数社(延べ20,000店舗超)からの引き合いがあり、順次調理ロボットを導入していく予定。

2. 業務自動化AIロボット事業
大規模調理現場及びセントラルキッチンにおける、洗浄・盛付工程などの単純作業を自動化し、人件費を抑制。既に、AIロボットの2020年度内の導入が決まっており製品化を目指している。

■資金調達の目的

今回の資金調達により、以下の点を中心に強化すると言う。
1. 調理・業務ロボットのコア技術の開発
2. 開発環境の充実