1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. AI・人工知能
  4. SB C&Sと三井住友カード、法人顧客の業務効率化支援を目的に業務提携

SBC&Sと三井住友カード、法人顧客の業務効率化支援を目的に業務提携

  • feedy

SB C&S株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:溝口 泰雄、以下「SB C&S」)と三井住友カード株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:大西 幸彦、以下「三井住友カード」)は、このたび業務提携契約を締結した。これにより、法人顧客の経理処理に関わる業務の効率化支援を推進していくと言う。

近年、企業の経理管理業務においては、効率化とコンプライアンス順守が課題となる中、法人カードと連携した経費精算システム導入のニーズが高まっている。このようなニーズを背景に、SB C&Sでは、経費精算システムを導入している企業に対し、経費精算過程における領収書の電子化、システムへの入力や確認、承認といった一連のノンコア業務(※1)をアウトソーシングとして受け入れるサービス(BPO(※2)サービス)を提供し、企業の生産性の向上を支援。SB C&SではRPA(※3)・AI-OCR(※4)を活用したBPOサービスを開発中で、高精度・高スピードのBPOサービスの提供が可能になる。

▼BPOサービスイメージ

一方、三井住友カードでは、企業の経費決済や出張などの企業活動をサポートする法人カード「三井住友コーポレートカード」を幅広い業種や規模の企業に提供し、従業員の立替負担軽減や、現金出納事務、煩雑な精算業務の合理化を支援。また、「三井住友コーポレートカード」は、航空券チケットレス発券サービスや経費精算システムへのカード利用データ連携、管理しやすいマンスリー残高管理方式(※5)、企業の経理担当者がリアルタイムで法人カード利用をコントロールできるソリューション「コーポレートカードコントロール」など、充実したサービスを用意している。

今回の業務提携により、「三井住友コーポレートカード」および同カードと連携可能な経費精算システムを利用している法人顧客は、SB C&Sが提供するBPOサービスを利用できるようになり、経費精算の申請や領収書突合などの煩雑な業務がより効率化でき、より重要な業務にヒューマンリソースを投下するなど、生産性の向上を図ることができる。また、SB C&Sは、従来、銀行振り込みだけだったBPOサービスの料金支払い方法に、新たに「三井住友コーポレートカード」による決済を追加し、サービス導入企業の利便性を向上。

SB C&Sと三井住友カードは、今回の業務提携を機に、さらなる企業の業務効率化を支援するサービスの開発にも両社で取り組んでいくと言う。

※1 企業活動において直接利益につながらない業務のこと。
※2 Business Process Outsourcingの略で、自社の業務プロセスを外部企業に委託すること。
※3 Robotic Process Automationの略で、ロボットによる業務自動化のこと。
※4 Artificial Intelligence Optical Character Recognition/Readerの略で、人工知能を付加した光学的文字認識技術のこと。
※5 締日の翌日にカード利用残高がクリアされる方式。

【SB C&SのBPOサービスの概要】
https://www.casbpo.jp/

【「三井住友コーポレートカード」の概要】
https://www.smbc-card.com/hojin/lineup/corp_index.jsp