• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

口コミで認知度向上を狙う、バズマーケティングとは?

  • feedy

ある商品・サービスの購入に迷っているとき、口コミを見て判断するという方も多いのではないでしょうか。その口コミを利用した商品・サービスの宣伝方法の1つに、「バズマーケティング」というものがあります。本稿では、その「バズマーケティング」の概要や過去の成功事例についてご紹介します。

バズマーケティングとは?

「バズマーケティング」とは、戦略的に口コミを発生させることで、商品・サービスを人々に広めようとするマーケティング手法のことを指します。「バズ(buzz)」には、人々があらゆるところで噂をしている、という意味が込められています。

多くの人がTwitterやFacebookといったSNSを使用している現代において、この「バズマーケティング」を上手に利用できれば、商品・サービスの宣伝がさらにスムーズに行えるでしょう。

バイラルマーケティングとの違いは?

「バズマーケティング」に似た用語として「バイラルマーケティング」があります。

「バズマーケティング」は、戦略的に話題を集め多くの人々に注目されることを目的としているのに対し、「バイラルマーケティング」は、自然に人々へ拡散されることを目的としているため、少々意味が異なると考えられています。

バズマーケティングの事例

過去には多くの企業がバズマーケティングを取り入れ、話題を集めてきました。

ここでは、バズマーケティングの成功事例について幾つか取り上げます。

ひげストロー

アメリカのセブンイレブンでは、シャーベット飲料「スラーピー」にひげのついたストローをさして販売を始めました。
「スラーピー」を飲もうとすると、ちょうどこのヒゲが鼻の下に来るようになっています。

この「スラーピー」ですが、自撮りをSNSに投稿する若者世代に受け入れられ大ヒットしました。

フリスク

フリスクは、Twitter上で「フリスク」とツイートすると、「さわやかすぎる通勤」が当たるという「さわやかすぎる通勤プレゼント」キャンペーンを行いました。
この「さわやかすぎる通勤」には、リムジンでのお迎えや車内でバイオリニストによる演奏といった内容が含まれており、話題を集めました。

結果、フリスクに関するツイートが増えただけでなく、ポジティブなコメントも増加しました。

バズマーケティングを成功させるには?

それでは、ご紹介した事例のようにバズマーケティングを成功させるためにはどうすれば良いのでしょうか。

バズマーケティングを成功させるための手法について幾つかご紹介します。

動画を使う

SNSでは多くの動画が出回っていますが、やはりテキストのみの投稿よりも、動画がある投稿の方がユーザーにインパクトが残ります。

そのため、企業の公式アカウントがある場合は、テキストよりも動画の投稿を作成することを心がけ、ユーザーに拡散してもらえるような工夫をすると良いでしょう。

インフルエンサーに依頼する

SNSには、多くの人に影響を与えるインフルエンサーと呼ばれる人たちがいます。

そのインフルエンサーに依頼をし、商品・サービスの紹介をしてもらうことで、SNS上での拡散が期待され、人々の関心を集めることができます。

試用期間を設ける

商品・サービスに試用期間を設けるのも一つの手として考えられます。商品・サービスを一定期間無料で提供し、実際に使ってもらうことで、その商品の価値を知ってもらいます。

多くの人に商品・サービスを認知してもらえますし、実際に使用してもらうことでユーザーの声を聞くこともできます。

まとめ -過去の事例を参考に-

バズマーケティングを行う際には、人々の興味や関心を集めるような、インパクトを与える要素を考える必要があります。

もっと知名度を上げたい商品・サービスがあれば、過去の事例を参考にしながら、バズマーケティングを取り入れてみてはいかがでしょうか。

Battery(バッテリー)口コミで認知度向上を狙う、バズマーケティングとは?」より転載