1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. ヘルスケア×フードテックの株式会社MiLがシリーズAで累計約1.8億円の資金調達を実施

ヘルスケア×フードテックの株式会社MiLがシリーズAで累計約1.8億円の資金調達を実施

  • feedy

「ヘルスケア×フードテック」を軸に、D2Cに特化したサブスクリプション型離乳食「Mi+ミタス」など、新しいフードサービスを展開している株式会社MiL (所在地:東京都渋谷区神南1-12-16 ASIAビル6F、CEO 杉岡 侑也)は、オイシックス・ラ・大地株式会社が運営するFuture Food Fund 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:松本 浩平)、プロサッカー選手 長友佑都氏、日本体育大学 准教授 バズーカ岡田氏を引受先として、累計約1.8億円の資金調達を実施したと発表した。

調達の背景と目的

2019年4月に当社初のプロダクト、サブスクリプション型離乳食「Mi+ミタス」をローンチ。以降、約9ヶ月で販売実績50,000食突破、LINE@のお友達登録数約2,500人、インスタグラムのフォロワーは約9,900人を超えた。

今回調達した資金を活用し、12月にリニューアルしたミタスのさらなるブランド認知拡大と顧客獲得、また、専門家の知見を活かした新規プロダクトの開発を加速していくと言う。

今回の資金調達では、2019年8月に第2子が誕生し、自身も「食」や「ヘルスケア」をテーマに会社を経営しているプロサッカー選手の長友 佑都氏、筋肉に関する研究者、柔道全日本男子チーム体力強化部門長、ボディビルダー、骨格筋評論家バズーカ岡田として肉体に関して幅広く活動する岡田 隆氏(日体大准教授)が参加。また、当社の創業当初より仕入れから配送までのサポートいただいていた、食×インターネットのパイオニアであるオイシックス・ラ・大地株式会社が、事業の連携も視野に入れて、運営するFuture Food Fundから投資を実行。

既存事業の成長だけでなく、新規プロダクトの創出や、食にまつわる社会課題への取り組みを行い、次世代型食品メーカーを目指すと言う。

今ラウンド引受先

・Future Food Fund1号投資事業有限責任組合
・プロサッカー選手 長友佑都氏
・日本体育大学 准教授 岡田隆氏