1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. 資金調達
  4. 外泊するほど安く住める、サブスク住居「unito(ユニット)」を手掛けるUnito Inc.が総額7000万円を資金調達

外泊するほど安く住める、サブスク住居「unito(ユニット)」を手掛けるUnitoInc.が総額7000万円を資金調達

  • feedy

「暮らしの最適化の追求」をビジョンとして掲げ、不動産の企画/開発/運営を展開してきた株式会社Unito(所在地:東京都千代田区、代表取締役:近藤佑太朗)は、この度、新規投資家および既存投資家を引受先とした第三者割当増資、日本政策金融公庫などからのデットファイナンスを合わせ、総額約7000万円の資金調達を実施した。 また、日本初の外泊したら家賃が安くなるサービス「unito(ユニット)」のサービスサイトをオープンしたことを発表した。
同社はこれまでにスカイライトコンサルティング株式会社、個人投資家などから約4500万円の資金調達を実施しており、本調達後の累計調達総額は約1.2億円になる。

本ラウンドにおける投資家

  • 株式会社ガイアックス
  • 須田 将啓 氏(株式会社エニグモ 代表取締役)
  • 薄葉 直也 氏(株式会社イデアル 代表取締役)
  • 他力野 淳 氏(バリューマネジメント株式会社 代表取締役)
  • 順不同
  • 他、個人投資家複数

新ブランド「unito」とは

「暮らし」は誰にとっても日常的で、大切な領域であるのに、
たくさんの非合理と摩擦が多い環境だと感じている。

ライフスタイルの中で「住」環境は、ITで解決するという発想が乏しく、
デジタルネイティブなミレニアル世代からすると、まだまだ不自由な現状がある。

そのような現状に対して、
同社は「暮らしの最適化の追求」をビジョンとして掲げ、
どうしてたらもっと自由になれるか、摩擦がなくなるかを考えてきた。

今回リリースする新ブランド「unito」は、
誰もがそれぞれの理想の「暮らし」を不自由なく実現していける世界への一歩目である。

サブスクリプション住居「unito」は、
“家に住む”と”ホテルに泊まる”を融かし合わせた日本初の住まいの形を提案すると言う。

▼本日より、サービスサイトをローンチした。
https://unito.me/

関連記事