• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

FinTech

CAMPFIRE、金融サービスCAMPFIRE Bank提供開始

  • 5
  • feedy

クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」を運営する株式会社CAMPFIRE(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:家入一真)は、金融サービス「CAMPFIRE Bank(キャンプファイヤーバンク)」の提供を2018年10月23日より開始する事を発表した。

同サービスは、クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」でプロジェクトを実施したユーザー(個人・企業問わず)及びプロジェクトの支援者を対象に、200万円を上限に融資を行うものとなる。CAMPFIREでは、2017年7月より融資サービス「CAMPFIREレンディング」の提供を開始しており、「CAMPFIRE Bank」ではクラウドファンディングの起案者に加え、支援者まで対象を拡大する。

今回の融資は、決算書などの評価だけではなく、CAMPFIRE独自の支援者による評価を軸とした「評価型与信モデル」を採用。評価型与信モデルとは、クラウドファンディングにおける支援(総額・人数)をスコアリングしたものを与信材料の一つとし、融資対象者へ信用供与するモデルを指す。

今後は、ソーシャルレンディング事業を含む金融サービスの新規開発や、アジアを中心とした海外融資事業の展開を計画しており、資金調達の民主化を目指していく。