• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

飲食・農業

4

ロボットを活用して農業の効率化を目指すレグミン、インキュベイトファンドから約1億円の資金調達を実施

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

自律走行型ロボットを活用して農業の効率化を目指す株式会社レグミン(本社:東京都中央区、代表取締役:成勢卓裕、野毛慶弘)はシードラウンドにおいて、インキュベイトファンド(本社:東京都港区、代表者:赤浦 徹氏)を引受先とする1億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

レグミンは、農業は収益性の低さ、新規参入の難しさ、高負荷な労働環境により後継者不足という課題を解決するために生産をより効率的に行うロボットを開発している。

レグミンが開発しているロボットは、葉物野菜の播種(種まき)~収穫までの作業を自動化するロボットで、障害物や野菜の位置を認識しながら自動で走行し、AIによる画像解析により野菜の成長度合いの把握や虫食い・病気の早期検知といった品質管理も行う。

今後レグミンは、人とロボットの協業を目指し新しい農業の形を実現させていく。