• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

飲食・農業

株式会社BIZVALと株式会社Meattech業務提携

  • feedy

ファイナンスをテクノロジーでもっと身近にをコーポレートスローガンで掲げ、資金調達支援及び企業価値向上支援サービスを提供する株式会社BIZVAL(本社:宮城県仙台市青葉区 代表取締役 中田 隆三、 https://bizval.jp/ 以下、BIZVAL)は、テクノロジーによって畜産業の未来を考える畜産業の支援を行う会社である株式会社Meattech(本社:東京都墨田区 代表取締役 中山智博、 https://meattech.jp/ 以下、Meattech)と、廃業が止まらない我が国畜産農家に対して、持続的な成長・継続して事業を行っていくための戦略立案から、具体的な実行支援並びに資金調達支援の分野で、業務提携を開始した。

【畜産農家が抱える課題】

昨今の牧場経営者は、

  1. 経営者(基幹的農業従事者)の平均年齢が63.2歳と高齢化が進んでおり、後継者も不足している
  2. 売上が1,000万円を超える事業者は22%と、経営が厳しい事業者が多い

といったことを背景に、実にこの10年間で肉用牛飼養戸数が40%減少(2005年の89,600あった戸数が2015年に54,400に減少(-35,200戸数))するという事態に直面している(出所:農林水産省 平成27年度食料・農業・農村白書(平成28年5月17日公表)より)。

具体的な問題では、「牛の管理に手間暇がかかり、今後の人手不足にも悩みがつきない」、「後継者が不在であり、今後の牧場の先行きが不安」、「事業拡大にも人手やITの投資が必要だが資金調達が困難」、「品質価値の追求をしようにも情報やブランド力向上などには資金がかかる」のような問題を抱えているが、組織的に自立で解決を図ることが出来る企業がほとんどないことが実情であり、他の産業や業種と比較しても、廃業の推移に歯止めがかからない状態に陥っている。

【両社の協業による課題解決の第一弾】

BIZVALとMeattechは両社がこれまで個別に手掛けてきた畜産業に対しての、「資金調達支援」、「事業承継の課題に対する支援」、「企業価値向上へ向けた支援」、「繁殖農家・肥育農家向けの持続的成長支援」につき、今後協業することで、「国内畜産農家が持続的、継続的な発展を遂げ、国内自給自足率の向上の一助となり、蓄積してきたノウハウ、ネットワークを活用し、畜産農家が抱える課題の解決に挑戦していくこととなった。

具体的には、

  1. 事業継続・拡張支援
  2. 事業承継支援
  3. オペレーション支援(開始当初は特に肥育農家)

の3つの内容で支援をしていくと言う。