• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

インバウンド

2

Japan.asset management、民泊運営ツールを展開するmatsuri technologiesと業務提携

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

既存不動産ストック活用事業のマネジメントを行っているJapan.asset management株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:内山博文)は、民泊運営ツール「m2m Systems」を展開するmatsuri technologies株式会社(東京都新宿区、代表取締役:吉田圭汰)と業務提携し、東京・大阪・京都・福岡・札幌などの都市圏において、空きビルや空き家を再活用する民泊事業(旅館業法上の旅館業含む)のワンストップサービスを開始することを発表した。

Jamは、自社の設計施工・マーケティング・商品企画などの強みを活かしmatsuri technologiesの民泊のオペレーションのノウハウを組み合わせることで両社は、空きビル、空き家のオーナーに対し、法的検証・マーケティング・商品企画・ハードの改修・設計(用途変更)・施工までをワンストップで行い、民泊事業(旅館業法上の旅館業含む)として物件の借上げや、運営の受託を行う。

両者は、今後、空きビル、空き家を活用し、年間100棟の民泊物件の開発を目指していく。

matsuri technlogiesとJamは、Inc-lineにて2月5日に「中小ビル再生レクチャー『小規模物件のホテル・民泊・小規模シェアハウスの運営手法』」と称したオーナーや不動産会社に向けたセミナーを実施し、18社の企業や個人が参加した。
また、2月20日にも大阪で今後同様のイベントを実施予定で、関西を始めとした全国での業務拡大を目指す。