• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

インバウンド

アジア最大級のオプショナルツアー予約サイトを運営するKKday(ケイケイデイ)、クールジャパン機構から11億円の資金を調達

  • feedy

台湾のオンライン旅行社で、アジア最大級のオプショナルツアー予約サイトを運営するKKday(ケイケイデイ)(本社:台湾台北市、CEO:陳明明(Ming Chen)、以下KKday)は本日、官民ファンドの海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)(所在地:東京都港区、代表取締役社長 CEO:北川直樹、以下クールジャパン機構)から、1,000万USドル(11 億円相当)の資金を調達したことを発表した。

今回のクールジャパン機構の出資決定は、台湾・香港を中心に月間4,500万人が利用するオプショナルツアー予約サイトとして、KKdayの商品企画力や、訪日旅行客へのマーケティング力、サプライヤー運営に貢献する技術力が高く評価されたものである。クールジャパン機構は今回の出資により、アジアの訪日旅行客の「旅ナカ」消費を促進し、訪日の満足度とリピート率を高めるとともに、既に確立された観光地のみならず日本各地の様々な地域による訪日旅行客の獲得を支援し、日本の観光産業発展と地域経済活性化への貢献を期待している。

KKdayが取り扱う約25,000件のツアーやアクティビティなど旅行商品は現在、世界約92ヵ国550都市で展開している。この92ヵ国のうち、日本は第一位の取扱流通額を誇っており、これは利用者の日本市場への関心が非常に高いことを示している。KKdayはこれまでも日本の現地オプショナルツアーに注力してきたが、これを機に訪日客がより深く日本の魅力を体験できる多様な商品とサービス提供、高品質なオリジナルコースを造成していくと言う。