• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

4

富士通、台湾ファミリーマートの新ITコンセプト店舗で、ブロックチェーン技術を活用した実証実験を開始

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

台湾で3,000店舗以上のファミリーマートを運営する全家便利商店股份有限公司(本社:台湾台北市、董事長:葉榮廷, 以下 台湾ファミリーマート)は、富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中達也)および台湾富士通股份有限公司(本社:台湾台北市、代表取締役社長:梶山 正樹、以下 台湾富士通)や現地のベンチャー企業などと共同で、台湾ファミリーマート重慶店において、ロボットやブロックチェーンなどのデジタル技術を活用して、店舗への集客向上および店員の業務負荷軽減に向けた実証実験を3月29日から開始する事を発表した。

本実証実験で、富士通と台湾富士通は、コミュニケーションロボット「ロボピン」を活用した店舗案内や可視光通信を利用したコンテンツ配信サービス「FlowSign Light」、映像通信ソリューション「FlowSign Video」およびブロックチェーン技術を用いたスタンプラリーなどを実施し、新たな顧客体験を提供する。また、3Dカメラ付きの入店カウンターによる来店客数の把握やPOSレジと連携した電子棚札の自動更新など、店舗における作業プロセスの最適化や運営コスト削減の有効性を検証する。

富士通の「FlowSign Light」を活用して、来店客が店舗内を巡り、専用アプリをインストールしたスマートフォンを「ロボピン」などの対象物にかざすことで、スタンプが取得できるスタンプラリーを実施する。さらに、富士通のブロックチェーン技術と組み合わせ、スタンプ取得履歴やクーポン利用履歴などの顧客情報を管理し、スタンプ数に応じてファミリーマートで利用できるクーポンを発行する。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy