1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. IT・インターネット
  4. キュービックはParasolと資本業務提携を行うことを発表

キュービックはParasolと資本業務提携を行うことを発表

  • feedy

株式会社キュービック (本社:東京都新宿区、代表取締役社長:世一 英仁、以下「キュービック」)は、株式会社Parasol(本社:東京都港区、代表取締役社長:傘 勇一郎)と資本業務提携を行うことを発表した(業務提携契約締結日:11月30日)。

本提携は、キュービックのSEO技術やWEB広告運用技術とParasol社のSNS・動画マーケティング技術やマスメディアを活用したPR力を掛け合わせ、両社の運営メディアのポテンシャルを最大限に引き出し、人々へよりよい課題解決体験を提供することを目的としていると言う。

株式会社Parasol 代表取締役社長 傘 勇一郎氏 (左)と株式会社キュービック 代表取締役社長 世一 英仁 (右)

背景とその狙いについて

同社は「ヒト・ファースト」という経営理念を掲げ、ヒトのココロの奥深く、いわゆるヒトの“インサイト(深層心理)”と向き合うことであらゆる価値を生み出している。一方、Parasol社も「世界一男女をくっつける会社になる。」というミッションを掲げ、恋愛を通じてユーザーの人生に彩りとかけがえのない時間を届けるべく、ヒトに向き合った経営をしている。“ヒトに向き合い、相手を考えぬく姿勢”を大切にする経営思想の重なりは、今回の資本業務提携に至る大きなキッカケとなった。

株式会社Parasol代表の傘勇一郎氏は起業家輩出において専門的なノウハウを持っており、PRの伊藤早紀氏はWEBメディア『マッチアップ』編集長や『恋愛婚活ラボ』所長として様々なメディアに露出し活躍されています。彼らの参画により、キュービックの事業成長をますます加速できると確信していると言う。

また、“インターンとともに働く”ことを創業時から実践してきたキュービックと、多くのインターンが在籍し即戦力として活躍するParasol社の組織風土は非常に近いものである。組織づくりにおいても、今後大きなシナジーを生み出していく所存だと言う。