• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

レオパレス21、介護業界初のIoTとLoRa技術による「高齢者見守りシステム」の実証実験を開始

  • feedy

株式会社レオパレス21(本社:東京都中野区、代表取締役社長:深山英世、以下「レオパレス21」)は、MTES株式会社(旧:MTエネルギー&ソリューションズ、所在地:東京都中央区、代表者:代表取締役 原田 隆朗、以下「MTES」)と共同で、レオパレス21が運営する介護施設「あずみ苑グランデ草加(埼玉県草加市)」において、利用者の見守りサービスの一環として、介護業界初となるIoTとLoRa(※1)技術による「高齢者見守りシステム」の実証実験を9月25日から開始することを発表した。

※1:LoRaは、低消費電力、小データ量、広域守備範囲を特徴とする無線方式“LPWA” (Low Power, Wide Area)の一種。最大伝送速度は250 kbps程度、伝送距離は最大10 km程度となる。

これまで、介護施設の利用者の見守りは、利用者に対するサービス向上を優先することで、職員の労働負荷が増大するという、喫緊の課題があった。
MTESは、IoTとLoRa技術による「非接触のバイタルチェックシステムおよび異常認知監視カメラなど(以下、本システム)」を開発して、今回の実証実験に活用する。非接触バイタルチェックデバイスにより、脈、体の動き、呼吸などを身体的負担なしで計測が可能になる。データはLoRa技術によりリアルタイムで計測され、職員の労働負荷低減につながる。

■本システムの実証実験概要
1. ベッドへの非接触バイタルチェックデバイス設置による24時間見守り
2. 異常認知時のみに撮影するカメラの稼働
3. ドア、窓へのセンサー設置による入退室状況の見守り
4. 上記、異常時にお知らせするナースコールとの連携
5. 本システムのセキュリティー性能と各システムの接続確実性
※2~5は随時、実証実験を予定

今回の実証実験で、施設利用者の健康管理や安全を強化するなどサービスを向上させるとともに、施設職員の負担軽減の実現を目指す。
また、無線通信規格“LPWA”の1種であるLoRa技術の有用性を検証することにより、スマートロック導入や物件駐車場の遠隔管理など、全国約57万戸を展開する同社賃貸住宅のさらなるIoT化に向けた技術開発を推進していく。