1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. IOT・ロボット
  4. 人間と自然とテクノロジーが穏やかに共生する未来をデザインするmui Lab、総額約2億円の資金調達を完了

人間と自然とテクノロジーが穏やかに共生する未来をデザインするmuiLab、総額約2億円の資金調達を完了

  • feedy

mui Lab株式会社(本社:京都市中京区、代表取締役:大木和典、以下mui Lab)はこの度、株式会社環境エネルギー投資(本社:東京都品川区、代表取締役:河村修一郎)、株式会社Darma Tech Labs(本社:京都市下京区、代表取締役:牧野成将)、京銀リース・キャピタル株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役:奥野浩)、京都信用金庫(本社:京都市下京区、理事長:榊田隆之)の4社の運営する各ファンドを引き受け先とする第三者割当増資を実施し、総額約2億円の資金調達を2019年10月31日完了した。今回の資金調達によって、mui LabのUX(ユーザー・エクスペリエンス)ソリューションを提供する為のプラットフォーム開発、マーケティング、R&Dへの積極投資と人材獲得を進めていくと言う。

mui Labは、テクノロジーが人や自然と不調和に在る現状を問題視し、テクノロジーが穏やかに人の生活に佇む未来を目指し、Calm Technology & Design(穏やかなテクノロジーのデザイン)を提唱、UI/UXデザインと、実装のための技術開発を行うスタートアップ企業である。フラッグシップモデルの「mui」は、家庭での家族関係の改善に焦点を当て、スマートホームデバイスのインターフェースとしての利用を推進し、クラウドファンディングのKickstarter(キックスターター)を通じて世界中から多くの反響を得た。現在は商業施設やビジネスオフィスでの利用機会、また室内に止まらずあらゆるシチュエーションを考慮し、多様な分野へのテクノロジーライセンスを進めていると言う。

この度の資金調達では合計4社からの資金調達を実施した。

■引受先
・EEI4号イノベーション&インパクト投資事業有限責任組合 (環境エネルギー投資運営)
・MBC Shisaku1号投資事業有限責任組合 (Darma Tech Labs運営)
・京都輝く未来応援ファンド2号投資事業有限責任組合 (京銀リース・キャピタル運営)
・京信イノベーションC投資事業有限責任組合 (GP:フューチャーベンチャーキャピタル(株))