• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

アジア

113

エボラブルアジア、ベトナム最大のコミュニケーションアプリ「ZALO」と業務提携

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

One Asiaのビジョンをかかげ、アジアを舞台に、オンライン旅行事業、訪日旅行事業、ITオフショア開発事業と投資事業を手掛ける株式会社エボラブルアジア(本社:東京都港区、代表取締役社長:吉村 英毅)は、2018年5月で1億ダウンロードを達成した、ベトナムの利用者数最大のコミュニケーションアプリ(メッセンジャー)「ZALO」(本社:Headquarters )と連携し、「ZALO TRAVEL」にて海外航空券独占販売を開始した事を発表した。

今回の業務提携の背景

①同社ではベトナムマーケットにむけて、ベトナム語航空券サイト「Airtrip」http://global-airtrip.vnをローカルサービスとしてリリースし、新たな市場開拓を目指している。
当事業は同社における航空券多言語販売の一環であり、今後のベトナムでの事業拡大につながることが予想される。

②今回ZALOが新サービスとして「ZALO TRAVEL」を運営するにあたり、同社が海外航空券の独占販売を開始する。この連携により、「ZALO」利用者がオンラインにて航空券を予約購入することが可能となり、購入時のコミュニケーションは「ZALO」メッセージで行い、購入履歴も「ZALO」にて確認することができる。

③また、「ZALO」内のオフィシャルアカウントに「Airtrip Vietnam」を設置し、アカウントでの航空券販売や利用者のサポートを行っていく。

ZALOとは

2012年に開始され、ベトナムで最も使われている携帯無料チャットアプリ。現在は2018年5月で1億ダウンロードを達成したベトナムの利用者数最大のコミュニケーションアプリ(メッセンジャー)となり、ベトナム国内で世界の人気アプリを上回るシェアを獲得している。毎日、9億のメッセージ、5千万分の電話、4500万の映像がZALOの経由で送信されている。またベトナム国内だけではなく、2016年6月にミャンマーでのローカライズ海外版もリリースされており、現在この国での一般コミュニケーションチャネルの1つとなっている。