1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. アジア
  4. NTTドコモ・ベンチャーズ、モバイルウォレットのプラットフォーム提供のシンガポールMatchmove Payに出資

NTTドコモ・ベンチャーズ、モバイルウォレットのプラットフォーム提供のシンガポールMatchmovePayに出資

  • feedy

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲川尚之)は、運用するNTTグループのファンドを通じて、アジア地域でモバイルウォレットのプラットフォームを提供するスタートアップ企業Matchmove Pay Pte. Ltd.(本社:シンガポール、CEO:Shailesh Naik)へ出資したことを発表した。

Matchmove Payは、最短3週間での導入、クラウドベースの価格競争力のある課金モデルのモバイルウォレットプラットフォーム/ペイメントプラットフォームをアジア地域において提供している。

Matchmove Payのサービスにより、企業は、全てを自社開発するよりも効率的に自社ブランドのモバイルウォレットを構築し、消費者へ提供することが可能となる。

NTTドコモ・ベンチャーズは、Matchmove Payのサービスはアジア各国の決済手段(クレジット・デビット・eウォレットなど)を包括的に加盟店(小売店舗やeコマースなど)に提供する決済代行(PSP)事業を行うNTTデータの事業との親和性が高く、今後のビジネス創造に貢献するものと期待し、今回の出資に至った。