• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

美容・健康

光伝送関連装置等の開発、製造のシンクランド、シミックCMO等を引受先とする第三者割当増資を実施

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

光渦レーザー加工技術を用いた「中空マイクロニードル」を手掛けるシンクランド株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役:宮地邦男)は、既存株主であるリアルテックファンド(本社:東京都港区、代表業務執行役:永田暁彦)、AIS CAPITAL株式会社(本社:東京都千代田区、代表パートナー:郭健)に加え、新たにシミックCMO株式会社(本社:東京都港区、代表取締役CEO:松川誠)、株式会社dof(本社:東京都港区、代表取締役:齋藤太郎)ほか個人投資家を割当先とする第三者割当増資を実施し、これにより、りそな銀行からの融資と合わせて、総額約3.4億円の資金調達を完了したことを発表した。

シンクランドは、光学設計・実装技術と高速電気信号処理技術をコア技術として、世界に先駆けて中空マイクロニードルを開発する研究開発型ベンチャー企業である。

シンクランドが開発する中空マイクロニードルは、千葉大学及び北海道大学により開発された光渦レーザー加工技術をベースとして、製造方法の工夫を行うことで実現した外径100μm以下の微細針で、体内で溶解する生体適合材料を用い、従来の注射薬や経口薬を無痛かつ簡便に投薬可能な経皮薬に置き換えることが出来る新たなDDSとして、実用化開発を進めている。

今回の資金調達を基に、医薬品製造受託大手のシミックCMOとの資本提携を通じて、シンクランドの中空マイクロニードルを用いたDDS技術開発や技術ライセンス供与による事業化を目指していく。