• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

セキュリティトークンプラットフォームのSecuritize社は、日本セキュリティトークン協会と提携

  • 0
  • feedy

セキュリティトークンプラットフォームのSecuritize社は、日本でのデジタル証券の採用を促進するために、日本セキュリティトークン協会(JSTA)と提携することを発表した。
Securitize社とJSTAは、金融機関や企業と密接に協力して、デジタル資産の利点について啓蒙活動を行う。

セキュリティトークンとは

セキュリティトークンを一言で表現すると「有価証券の機能を付与されたトークン」である。取引可能な資産(株式に似たもの「会社の所有権」「配当」)に裏付けされた通貨であり、SEC(米国証券取引委員会)のHowye test(ハウイテスト)の要件を満たす必要がある。

Securitize社とは?

Securitizeは、ブロックチェーン上で発行、流通可能なデジタル証券を管理するプラットフォームになることを目指す企業である。同社は、デジタルセキュリティ分野の主要な関係者(発行者、投資家、および取引所)を支援する柔軟なエコシステムを構築することによって、スマートコントラクトインフラストラクチャを設計している。

今年の5月に、同社は独自のデジタルセキュリティ(DS)プロトコルをオープンソース化することを発表した。
https://venturetimes.jp/cryptocurrency/43730.html

日本のセキュリティトークンの新しい金融時代の幕開け

Securitizeの共同創設者兼CEOであるCarlos Domingo氏は、次のように述べている。

「日本セキュリティトークン協会とのパートナーシップは、日本市場への貢献となるでしょう。伝統的な金融の中心地の1つである日本が、今後のデジタル証券への取り組みでも中心となるでしょう。」

JSTAの共同代表理事である増田剛氏は以下のように述べている。

「いよいよ、日本はセキュリティトークンの新しい金融時代の幕開けとなります。既存の金融市場を啓発し、規制や法的枠組みの整理を行い、セキュリティトークンの実用化を促進するために、SecuritizeはまさにJSTAにとって最良のパートナーです。」

参照元:
https://stoupdates.com/securitize-join-hands-with-japan-security-token-association-to-tap-asian-market/
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000045921.html?fbclid=IwAR0nW46_Sy5_duLlqwt5HthM-k_-pTClUWxku634DMaKn3BHUqzDCI5U5f8

記事執筆
塚田愼一

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。