• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

8

ハーバード大学基金がSEC初認可の可能性があるSTOに投資

  • 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

アメリカのハーバード大学が、SEC初認可の可能性があるBlockstack 社のSTO(セキュリティトークンオファリング)に投資を行ったことが判明した。

Blockstack 社は5000万ドルを調達すると見込まれるトークンセールを行うために米国証券委員会(SEC)に申請を提出したばかりだ。

ハーバード大学はSTOに少なくとも500万ドルを投資か

Morgan Creek DigitalのAnthony Pompliano氏のTwitterへの投稿によると、ハーバード大学は少なくとも500万ドルを投資するとされている。

米SECに提出された文書によると、Harvard Management Companyのメンバー7人にうち、3人(Charlie Saravia, Zavain Dar, and Rodolfo Gonzalez)が95,833.333 Stack Tokenを購入した。

分散型のインターネットを生み出す:Blockstack社とは

Blockstackの目的は、すべてのインターネットユーザーのプライバシー、セキュリティ、そして自由を確立し保護する、オープンで分散型のインターネットを育成することだ。

今回、Blockstack 社は5000万ドルを調達すると見込まれるトークンセールを行うために米国証券委員会(SEC)に申請を提出した。認可されれば、SEC認可のもとで行われる初のSTOになる。

大学基金とは何か

大学基金とは大学が個人、法人から集めた寄付金のことであり、ハーバード大学の1年間の寄付金は800億円前後になると言われている。ハーバード大学を含む各大学はこの寄付金を株などに投資して、年利15%程度を獲得している。大学の資金であり、損を出せないことから慎重な運用が行われており、大学基金が投資すると、その投資対象は一定の信頼を得ることができる。

待望された機関投資家の仮想通貨業界への参入

長年にわたり、仮想通貨の投資家の多くは、暗号資産の拡大を支援する機関投資家の参入を望んでいた。しかし資産管理や規制面が不十分であり、ICOの詐欺が横行していたことから今まで投資対象にならなかった経緯がある。

現時点で仮想通貨は長期的な価値が疑問視されていることから、仮想通貨への投資はリスクだと考えられている。今回ハーバード大学が仮想通貨への投資を決定した背景には、Blockstack社のSTOのSEC初認可が見込まれることが挙げられるだろう。正式に認可されることで、トークンセールは規制された透明性が担保された場所で行われることになる。

参照元:
Harvard University Makes $5 – $10 Million Crypto Investment into Blockstack Security Token Sale
Blockstack

記事執筆
塚田愼一

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。